ファリネの成分は危険なの?手荒れしやすくても安全に使える?

ファリネの成分には危険なものが含まれている?

ファリネは手汗に効果があると言われていても、
危険な成分が含まれていないのかは気になりますよね?

 

ファリネには、香料、着色料などの体に有害な成分を
まったく入れていないので、
安心して使用することができますよ。

 

でもどんな成分が含まれているのかは気になるので、
本当に安全なのか確認してみました。

 

 

ファリネの有効成分

 

ファリネには、クロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛という
2種類の有効成分が含まれています。

 

と言われても、有効成分って何なのでしょう。
CMでも「有効成分を配合!」なんて言われているのですが、
よくわかりませんよね。

 

調べてみると、ファリネの手汗抑制効果として、
厚生労働省から認められた成分のようです。
さきほどのクロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛については、
有効で安全であることを国が保証しているという感じですね。

 

そう聞くと、さらに安心してしまいます。

 

 

それぞれの役割についてみてみましょう。

 

クロルヒドロキシアルミニウム

クロルヒドロキシアルミニウムは汗を抑えるための成分です。
ファリネでは、手汗が出てくる汗腺にフタをする役割をしています。

 

他の制汗剤には塩化アルミニウムと言われる
クロルヒドロキシアルミニウムより制汗効果が高い成分が使われているのですが、
これは効果が高い半面、肌荒れなどの原因になってしまいます。

 

ファリネは安全性を優先しているため、
効果は大だけ肌へのリスクも大になる塩化アルミニウムではなく、
効果は低くても肌にやさしいクロルヒドロキシアルミニウムを採用しているのです。

 

肌荒れなどを気にしなくて制汗できるはありがたいですよね。

 

 

酸化亜鉛

 

酸化亜鉛は、止血や痛みを抑えるための成分ですが、
ファンデーションなどの化粧品や日焼け止めとしても使われています。

 

つまり、日ごろから顔などに使用されているので、
手のひらに塗るのは全く問題ないですよね。

 

ファリネでは、手のひらで広がって
臭いの素となるものを取り除くという役割をしています。

 

 

国に認められたこれらの有効成分があるだけでもすごいのですが、
生産・品質管理も日本国内でされているところがさらに安全性が高いところ。

 

いくら有効成分が配合されていても、
海外で生産されていると、どうしても信頼度は国内よりも落ちますからね。

 

このあたりがファリネが信頼されるところなのでしょうね。

 

このほかにも保湿成分などが配合されていますが、
どれも肌荒れなどへの害がない成分ですので、
安心して使用できまs。

 

もし肌荒れしたときには
返金していただけるのも安心ですね。

 

30日間は

 

試しにご覧になってはいかがでしょうか。